期待値進化論ナルシスロプロあぽろ君。

期待値を最大化しつつ、そこで得た経験をスロット、パチンコに生かしつつ、どう発展させていくかをテーマにし、ブログを通して情報をお伝えしていきます。

*

勝ちネタシリーズ、期待値を記録しようぜ編

   

Pocket


今回は
パチンコ屋で稼げる様になりたい
と思ってる人に向けて書いていく
シリーズです


もうすでに勝ってるんだが?(・Д・)
と思った人の中でも
出来てない方もいるので
勝ちを意識する場合は
是非とも読んで見て下さいね


この記事を読まれているあなたは
よくパチンコ、スロットを
打ちに行かれると思います

 

収支を付ける理由


前回でもご紹介しましたが
日々の収支を
アプリや手書きで管理してる人も
おられるでしょう


そんな中で
期待値という概念を
理解してると思いますが
それを日々記録しているでしょうか?


今までどれくらい勝ったか分かるなら
上等じゃねーか(´-ω-`)
と思ったそこのあなた


勿体無いですね
せっかく期待値という物を
理解してるのでしたら
そこも管理すべき


なぜなら
あなたが追っているのは
勝ちですよね?


つまりはパチンコ、スロットで
勝つためには
必然的に期待値を追っているはず


そして期待値を記録していく事によって
自分の仕事量が分かったり
自分の行動の正しさが分かったりします


全てのパターンで
何円だと期待値が出せない状況も
多々あると思いますが
ここの所が正しいかどうかも
判断が可能になります


例えば
据え置きorリセットだったのか
打って見たけど分からなかった時や
解析が出る前の台なので
予想での期待値であったりする
場合です


なのでだいたいの期待値でOKです
僕の場合は千円単位で出してるので
簡単に把握出来る様にしてます


据え置きorリセットが半々だと思えば
据え置きだった時(+5000円)と
リセットだった時(-1000円)の
合計期待値(4000円)÷2=2000円
みたいな感じで
ざっくりと出せば良いと思います


ここらへんの感覚が
正しい場合は有利に動けますね


さらにそのデータを
蓄積させていった時に
実収支と期待値に
大きなズレが生じた場合は
あなたの何かが間違っています
(長いスパンでの話です)


僕の経験上、
兼業の方でも
年間800〜1500時間ほど
パチ屋に使ってると思いますが
約半年(500時間)分の稼働もあれば
信頼出来る数字に近づいてるでしょう


もし期待値より勝てていなければ


・そもそも期待値という物を
本当に理解出来ていないかもしれないし


・打ち始める時間が遅く
閉店時間を考慮出来ていない


・ペナルティーや子役のとりこぼしが多く
シュミレート通り打ててない


・期待値を得る為に
参考にしてる情報元が間違っている


・上手い人が多いホールだと
見切りが上手いのでモード判別等されて
いてシュミレート条件の期待値より
悪くなるパターンもあります


・期待値計算出来ない状況での予測が
間違っている


な事が原因であると推測出来ます


もし期待値より勝ちすぎている場合は


・ビビって期待値を控えめに
見積もっている


・下手くそプレイヤーが多いホールだと
シュミレート値よりも
期待値は当然高くなります
(高確中や前兆中にヤメられていたり、
ボーナスが成立してたりとかw)


こんなトコですかね


僕が思う理想は
期待値より実収支が
5〜10%高いくらいで良いと思います


実際に僕が計算する時は
ズバリ期待値を出せない場合は
(据えリセ、閉店時間考慮)
少なめに計算します


なので
低いと何らかのミスや勘違いが
考えられますが
少し高いくらいでしたら
予想通りといった具合です


自分の事を理解するのは
いろんなメリットだらけですので
収支を付けてるならば
期待値もチェックしておく事も
オススメしますよ


次回の勝ちネタシリーズでは
僕の期待値と実収支のデータを
公開してみようと思いますので
そちらもどーぞm(__)m

 - 勝ちネタシリーズ