期待値進化論ナルシスロプロあぽろ君。

期待値を最大化しつつ、そこで得た経験をスロット、パチンコに生かしつつ、どう発展させていくかをテーマにし、ブログを通して情報をお伝えしていきます。

*

勝ちネタシリーズ、収支と期待値の剥離

   

Pocket


今回は
パチンコ屋で稼げる様になりたい
と思ってる人に向けて書いていく
シリーズです


もうすでに勝ってるんだが?(・Д・)
と思った人の中でも
出来てない方もいるので
勝ちを意識する場合は
是非とも読んで見て下さいね


さて前回では
期待値を記録してくと
こんないい事があるんだぜ
とお話しました


期待値を記録してくと、どーなるのさ?



そこである程度データが
貯まっている僕の場合はどーなん?
という事で
一応参考になると思いますので
一緒に紐解いていきましょう


期待値  484万4000円
実収支  599万1936円
総消化時間  1577 h
時給  約3800円


これは
スロットのみでのデータです


予想していた仕事量より20%以上
収支が上まってますね


僕の持論では
下振れるはずはない(長いスパンでは)
と思ってます


もちろん
上振れの可能性も,もちろんありますが
その理由を挙げていきたいと思います


情報が少ない時期での
知らず知らずの内に
実は高期待値だったパターン
(ゴッド系やビンゴのゾーン狙い等)


据え置きorリセットを予想する場合
悪い方に寄せて考えているので
低く見積もりやすいと思います


あとは
基本的には天井狙いで
期待値を算出する場合は
低確スタートに固定したりするので
最低な期待値である事が多いのです


モードを見切られたりすると
もちろん期待値は下がりますけど
そんな事もあるだろうと
期待値を見積るべきです


戦国コレクションの
季節変化などがそうですね


あとは
情報が少ない時点では
期待値を多く見積るべきでは
無いと思います


これは
消極的に行け
という意味ではありません


よく分かって無いうちから狙うというのは
少なからずリスクは付きまとうので
常にアンテナを張って気を付けようね
と思って頂ければ良いと思います


これらの理由から
下振れるって
あり得ないんじゃね?
という持論を展開してみました


もちろん100%この限りではありません
期待値を何百万と稼ぎまくった結果でも
勝率は99.9999・・なので


ただ、
なんでも下振れだ
で片付けてしまうのは
危険なんだぜ
というお話でした

 - 勝ちネタシリーズ