期待値進化論ナルシスロプロあぽろ君。

期待値を最大化しつつ、そこで得た経験をスロット、パチンコに生かしつつ、どう発展させていくかをテーマにし、ブログを通して情報をお伝えしていきます。

*

期待値を倍にしちゃうここだけの話。

      2016/01/25

Pocket

 

期待値稼働する人に全員に言える事ですが

みんながいい台を探すのって

出来るだけハマってたりする

高期待値の台を打ちたいからですよね?

 

 

という事は

みんなが効率よく期待値を稼ぎたい

と思っていますよね。

 

 

それってつまり

時給が高くなると言う事です。

 

 

そりゃー

誰だって時給は高い方がいいっすよね?

 

 

そこで

ある事をする事によって

期待値は倍稼げます。

 

 

残念ながら

やっている人もいるんですが

やっていない人の方が断然多いので

効果は間違いなくあります。

 

 

ズバリ

 

 

身近な人を

雇えばいいんです!

 

 

もちろん

正式に雇う必要はないです。

 

 

同じ職場の人でもいいですし

家族でも友達でもいいと思います。

 

 

出来れば

近い関係の方が

リスクが少ないので

あんまり知らない人は

やめといた方がいいかもです。

 

 

そんな感じで

人手を増やすとメリットが

いくつかあります。

 

 

まず

自分の動かせる手が単純に増えます。

 

 

そーすれば

自分が打つ台を選択して

手伝ってくれる人に打って貰う訳です。

 

 

うまくやれば

1人でやるのと比べて

1.5~2.5倍位は期待値も稼げるので

勝っている人なら

パチ屋での収支を単純に2倍位になります。

 

 

その代わりと言ってはですが

給料は払った方が

手伝う人もモチベーションが上がるので

それなりに渡してあげればいいです。

 

 

時給で渡してもいいし

歩合制で支払ってもいいでしょう。

 

 

僕がやった事があるのは

以下の通り↓

 

 

2人分の収支を割合で計算する。

 

(例その日2人で+50000円の収支だった場合、

自分37500円  75%

お手伝いさん12500円  25%

マイナス収支でも同じ振り分け)

 

 

その日2人で稼いだ

だいたいの期待値の割合で渡す。

 

(例2人で40000円の期待値を稼いだが

収支は20000円のプラスの場合

お手伝いさんに10000円渡す  期待値の25%分

この日の収支は20000-10000で

プラス10000円となる)

 

 

この期待値計算の場合、

収支でボロクソにやられた時なんかは

何万も負けた上に手伝った人に

支払わなければいけない事もあるので

試行回数が多くないとかなりぶれます。

 

 

が反面

メチャクチャ勝った時は

総取り出来るのですけど( *`ω´)

 

 

 

僕は何だかんだ言って

その日の収支を

勝っても負けても折半する形が

ベストだとは思います。

 

 

理由は、

期待値の割合とか時給計算するよりも

その日の収支を分け合う方パターンだと

手伝う人もたくさん出玉を獲得したら嬉しいですし

より本気で取り組んで貰えるかと。

 

 

 

それぞれどのやり方にも

メリット、デメリットがあるので

色々やってみて

試してみるといいと思います。

 

 

他にも色々やり方は

あるかもしれませんしね。

 

 

もちろん、

タダで手伝ってくれる場合だったら

それに越した事はありませんが。

 

 

 

もう一つ大きいメリットが

あるんですが

それは、人に教えながらやると

自分も間違いなく成長できます。

 

 

何事でも

そうだと思いますが

意外と人に理解させるのは

難しいですよね?

 

 

なので

人に説明できる様

深く理解してなきゃいけないし

上手く伝える努力も必要になります。

 

 

やってみれば分かりますが

自分と同じ様な動きを

させるのとても大変なはず。

 

 

ですが

自分の視野も広がるし

たくさんの気づきを得られる為、

乗り越えて人を使える様になれば

かなり成長できます。

 

 

そこの

収支を伸ばしたいという

あなた( ̄(工) ̄)

 

 

これは

やるしかないでしょう(笑)

 - 稼げるマインド解説